HOME > 畳の健康とメンテナンス

地域・お客様に支えられて創業60年以上の歴史

畳の健康とメンテナンス

すがすがしい香りと、優しい感触をいつまでも保つには日頃のお手入れが大切です。

床は掃除機を、畳表は固く絞った雑巾で拭くようにしてください。畳のお手入れのポイントは年に1〜2回程度の日干しです。

新しい畳、あのイグサの香りと優しい感触、実に気持ちのいいものですね。まさにお部屋の空気を一新します。
でも、そんな畳も年数がたてば徐々に色あせ、弾力性もなくなってきます。
また、ダニなどの発生や汚れも目立ってきたりします。
でもちょっとした日頃のお手入れが効果的。こまめに掃除機をかけたり、固く絞った雑巾で拭くようにするだけでも、あのすがすがしさを少しでも持続させることが出来るのです。

カビ・ダニの発生を防ぐには室内の換気がイチバン!

カビ・ダニの発生は、家の中の換気不足による湿度の上昇が第一の原因です。
窓を開けたり換気扇を回すなど、出来るだけ部屋の換気を心掛けることが大切です。
また、室内に植木鉢や洗濯物など、湿気の原因となるものは出来るだけ避けるように心掛けましょう。皆さんのお住まいは大丈夫ですか?

湿度管理チェックリスト

家にたたみの部屋がある。
できるだけ窓を開け換気を心掛けている。
換気する時、対角線方向の窓を開けるなど、効果的な換気をしている。
炊事の時、換気扇を回している。
入浴中、換気扇を回すか窓を開けている。
入浴中、浴室の乾くまで換気扇を回すか窓を開けている。
家の中に湿度計がある。
室内の調湿を考えて炭を置いている。
床下の換気口を大きくとっている。
壁素材は土壁や珪藻土を使用している。
鉢植えは出来るだけ室外に置いている。
室内に洗濯物を干さない様にしている。
乾燥機(洗濯用・食器用・浴室)の排気は室外に排出している。
石油・ガスストーブやファンヒーターを使用する時は換気している。
石油・ガスストーブの上に、やかんをのせない様にしている。
加湿器の使用は出来るだけひかえている。
窓ガラス、アルミサッシにできた結露をふきとっている。
窓ガラスの結露防止を考えて複層ガラスを使用している。
室内で犬・猫・小鳥等のペットを飼っていない。
A(15以上)・・・ 湿度管理には問題ありません。定期的に住まいの健康診断をしましょう。
B(14〜10)・・・ 室内に湿度計を置き、湿度管理を心掛け、できるだけ換気をしましょう。
(9以下)・・・ 室外の危険性があります。床下のチェックをおすすめします。
それでは、畳のリフレッシュ方法をご覧ください。

copyright(c) 加藤畳店WEBSITE allrights and reserved since 2010 may