HOME > 商品ラインナップ

地域・お客様に支えられて創業60年以上の歴史

メンテナンスについて

毎日のちょっとしたお手入れで畳がいきいき!

畳のお手入れ方法

  • ぬれ雑巾で拭くと畳の光沢がなくなります。掃除機をかけ、固く絞った雑巾が、乾いたぞうきんでカラ拭きをしてください。
  • 掃除機のかけ方は、畳の目に沿ってゆっくりと。1畳40〜60秒かければ、アレルゲンの減少・増殖防止になります。
  • 天気の良い日には、窓を開けて風を通しましょう。
  • 直射日光は畳表の変色をまねき、傷みを早めますから出来るだけ避けてください。
  • 畳の上にはジュータンなどを敷かないでください。畳の呼吸をさまたげカビ、ダニなどが発生する原因となります。
  • 梅雨の季節、湿度の高い時は窓を開けず、エアコンで室内の除湿をしてください。
  • ピアノや机のような足のある重いものは直に置かないこと。
  • できれば年1〜2回日晴れた日に畳干しをするか、畳を少し浮かせて風を通すことが大切です。

畳のしみや汚れの処理

焼けコゲをつくった

タバコの様に小さい場合は透明のセロハンテープを貼ってコゲ穴を大きくしない様にする。

畳にカビがはえてしまった

消毒用アルコールを布に浸み込ませて拭き取る。
まず乾燥させることが大切です。窓を開けて換気、もしくは除湿機やエアコンのドライ機能などでお部屋の除湿をします。
乾いてから掃除機でカビを吸い取り、その後もよく乾燥させましょう。

醤油をこぼした

こぼした上に小麦粉、ベビーパウダー等をふりかけ、粉末に吸い取らせ掃除機で処理する。

日焼けをすこし消したい

中性洗剤でかたく絞った雑巾で雑巾がけをしてから、酢をまぜたお湯で拭く。

家具の跡がついた

凹んだ所に適度に霧吹きして、ぬれタオルを当てアイロンをかける。

灯油、おしっこをこぼした

粉末の洗剤・クレンザー・塩・小麦粉等をふりかけ、充分液体を吸い取らせ掃除機で処理し、その後かたく絞った布で何度も拭く。

畳替え頃チェック!
  1. 畳表が衣服につきませんか?
  2. 畳にくぼみがありませんか?
  3. 畳表に敗れや、焦げ等はありませんか?
  4. 畳と畳のすき間はどうですか?
  5. 畳表の色が濃い茶色になっていませんか?
  6. 畳表にシミなどはありませんか?
  7. 畳が湿っぽく、カビ臭くないですか?
畳交換作業の流れと目安
2〜3年で裏返し、5年で表替え、10〜15年で新畳替えが目安いです。

畳チェックはいかがでしたか?問題点や気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

商品のお買い求め、ご相談、ご試問はお気軽にお電話ください。 電話046−288−1734 IP電話050−7543−7461たたみや商品に関するご質問やご相談はオンラインお問い合わせもご利用ください。

copyright(c) 加藤畳店WEBSITE allrights and reserved since 2010 may