HOME > WEB担当者の制作後記

心から信頼できるお人柄も魅力です。

初めての出会い

加藤畳店さんとのお打ち合わせは、一本の電話から始まりました。

清川村商工共栄会様のWEBサイトを制作させていただき、2009年の12月にお客様の担当が変わりますとの連絡をさせていただいたお電話で、加藤様から「ホームページを見たよって声をかけられる事があるんですよ!」と嬉しいご報告をいただきました。

お電話での印象は「とっても爽やかなお人柄」だという印象でした。

その後、加藤様から「ホームページをより充実したものにしたい。」とご連絡をいただき、今回のホームページリニューアルが決定いたしました。

畳への情熱と真顔の写真(笑)

打ち合わせに伺うと、こんな畳があるんですよ・・・この畳はこんな性能をもっているんですよ・・・と 一生懸命にご説明をされる姿に触れ、『この方は「職人」としての腕はもちろんだけど、畳への「愛情」を持ったお人柄なのだ』という事を痛感し、同じ職人(私はホームページ職人)として多くのことを学べる良い打ち合わせをする事ができました。

その後、ホームページで使うお写真をいただいたのですが・・・・

まじめな性格だからか?写真で笑顔が苦手なのか? お話をされるときの素敵な笑顔が封印され・・・とっても怖いお顔(まじめなお顔)の写真ばかりで・・・

今回、このホームページ制作に携わったパートナーの渡辺と二人で「あの笑顔はどこへいったんだろう? 加藤様の実直で優しいお人柄をどう表現していけばいいだろう?」と悩みました(笑)

加藤様の写真を元にイラストをつくり、記憶の中の笑顔を表現することで、なんとか乗り切ることに決めました。

厳選素材

畳表

加藤畳店様の厳選素材の中にある 畳表「くまもとブランド ひのさらさ・ひのさくら・ひのさやか」がとても気になり、ネットで検索してみました。

実は、山村も九州出身なので、熊本という土地には何度も足を運んだ事があります。

四季折々の表情をもった「火の国 熊本」は雄大な自然が心地よい土地です。

「ひのさらさ・ひのさくら・ひのさやか」はJA八代さんのブランド畳で、その特徴は10年もの時間をかけて熊本県で育成された、新品種の「ひのみどり」というイ草を、厳しい基準で織り上げたのが最高級品種「ひのさらさ」で、今までのイ草よりも茎が細く、美しい色(色むらがない)のが特徴だそうです。そして、その畳表は、肌触りや香りまで最高級品の名にふさわしいとされています。

キャッチフレーズは「生命感あふれる畳を越えた畳」なのだそうです。

「ひのさくら」「ひのさやか」も同様に高級くまもと畳表で、普通の畳よりもきめが細かく、肌触りがソフトで美しい光沢と、香りをもった畳であると紹介されています。

嬉しい事に、「ひのさらさ」「ひのさくら」「ひのさやか」には生産者の名前が表示されているそうです。(畳になったときには・・・お名前は表示されないですけど)これは、生産者が品質に責任を持って育てた安心の証であり誇りの表れだと言えます。

「人にも環境にも優しい耐久性に優れた畳だとホームページで紹介されていました。

加藤畳店のホームページでは、加藤様が現地まで赴かれた様子、「畳紀行」でも、畳の生産地の様子をご紹介しています。どうぞご覧ください。

畳床

加藤畳店様のお勧めの畳床はダイケンの健やかくんシリーズです。

昔はワラ床が主流だったみたいですが、今では、人と健康に優しい畳床が、様々な優れた性能をもって登場しています。

山村も喘息の持病があったり、海外の家具を買うと体調が崩れたり(ホルムアルデヒドの影響だと診断されました)しますので、健やかくんシリーズの「3000ECO・2000ECO」のシリーズに心を奪われてしまいました。

畳にはダニが発生するから・・・って半ばあきらめていたのですが、畳床をちゃんと選べば、あきらめるにはまだ早い!でしたし、畳=ダニという概念も過去の産物なのだということを知ることが出来ました。(笑)

ダイケン たたみ生活.comでは、畳床の詳しい説明や、たたみ生活スタイルの提案もしてあって、とても勉強になりました。

畳縁(たたみへり)

畳の縁・・・ってこんなにたくさんの種類があるんだ!というのが正直な感想です。

実は、打ち合わせに行った時に、加藤さんがたくさんの畳の縁を見せてくれました。伝統文芸のような美しさ・・・・

山村も家を建てた時に、畳の縁を選んだはずなのですが・・・その時は「これか これか これ!」くらいの選択肢の中で選んだ記憶があります。実は琉球畳にあこがれていたので、その時は畳みの色と同じ色の縁を選びました。

今でも和室の畳を見るたびに「これで正解!」とは思っていたのですが、こんなにたくさんの縁があると知って、こんど表替えをするときには少し趣向を変えて・・・などと想像の中で楽しんでいます。

加藤畳店さんの厳選縁は「高田織物さん」や「毛利織物さん」、「石田織布さん」の商品です。こちらのホームページでは、本当に様々なデザインの縁があり、ホームページ制作の途中で何度も見に行くほど、楽しませていただきました。

畳の新調・張替え

畳の新調・張替えのページでは、料金などをご案内しています。

畳職人としての30年の歴史と、厳選された素材、確かな技術で「畳の新調・張替えはどうぞ、加藤畳店さんにお任せください。」と胸をはって皆さんにお勧めできる職人さんです。

料金も良心的な価格設定なので安心です。詳しいお見積もりなどは どうぞ直接ご連絡下さい。

畳の健康とメンテナンス

実は、打ち合わせのときに加藤さんが一番「熱のこもった説明」をされていたのが、畳の健康とメンテナンスについてでした。

造っておわり、売っておわり。ではなく、加藤さんの心の中には「お客様に畳を大切に使ってもらいたい」という思いがあるからだと私は想像しています。

家を建てた時も、車を買った時も感じることなのですが、収めて終わりではなく、そこから何を?を考えてくれる「職人さんや営業マン」さんは「大当たり」でした。加藤さんにもそれを感じました。

畳の健康やメンテナンスの面でも、加藤さんに気軽に聞けば応えてくれる。そんな畳屋さんに出会えた事は、仕事が始まりであっても、私にとっては嬉しいご縁です。

商品ラインナップ

実は、 山村の家には和室がありません。いえ・・・二世帯なので、親世帯には和室がありますが、私たちの居住スペースには和室はありません。

洋室に置き畳を置き、和の空間の真似事はしていますが、私がそろえた置き畳は息子の食べこぼしと悪戯で、もうボロボロ・・・・

ラインナップページにある「さやかシリーズ」の置き畳に心底惚れてしまいました。

洗える畳、暖房効果を損なわない畳 、カビやダニに苦しまない畳・・・収納機能まである畳(しかも素敵なお色) 等々・・・どれもこれも素敵な商品ばかりです。

制作しながら、自分の家には何色があうだろう?どんな機能がある畳を選べばいいんだろう?と楽しくてしかたありませんでした。

畳のおはなし

畳のおはなしでは、主にPDFファイルで、畳の情報などをご紹介しています。

また、畳紀行には、加藤さんが生産地などで撮った写真、施工写真をご紹介しています。

最後に

加藤畳店様のホームページ制作を通じて、畳についていろいろと勉強する事ができました。

また、加藤さんのお人柄に触れ、「畳のことなら加藤畳店に相談すればいい」という安心感も生まれました。

このお仕事は私たちスタジオファインにとって最高に気持ちのいいお仕事でした。

ありがとうございました。

スタジオファイン 山村かずみ
このページのトップに戻る

copyright(c) 加藤畳店WEBSITE allrights and reserved since 2010 may